上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
以前のエントリーと一見矛盾するように聞こえるかもしれませんが、日本サッカー協会会長の川淵三郎氏こそは日本最強のEntrepreneurではないかと思います。というか近年の日本において本当の意味でEntrepreneurと呼べるのは川淵キャプテンしかいないのではないかという気がしています。

毎度毎度、業界では第○次ベンチャーブームだとか言って騒いでいますが、近年の日本のベンチャーブームの致命的な欠点は国際的な視点がないことです。CambridgeでEntrepreneurshipを教えるJack Lang氏によれば、ベンチャービジネスに不可欠な視点は、"Global, Sustainable, Underserved unmet needs"だそうです。最近の日本の起業家は残念ながら押し並べてGlobalな視点がありません。本田宗一郎や松下幸之助までさかのぼれば別ですが。。

川淵キャプテンは、Jリーグの立ち上げを企画した当初からGlobalな視点を持っていました。MBA的な言葉で言えば"Big picture"に基づいて行動しているといえます。読○のオーナーをはじめとする近視眼的な旧体制の人々と戦っても一歩も引かなかった意思の強さは、その志の大きさから来ているのかもしれません。

サッカーはつい15年前までは日本ではマイナースポーツに過ぎなかったのですが、わずか15年でワールドカップやユースの国際大会で立派な成績を収めるまでに急成長し、国際大会での注目度や子供達からの人気度を考えると既に「日本で一番人気のあるスポーツ」という地位を獲得したと言えます。

もちろん日本サッカーの成功は、キャプテン翼などのアニメ、カズや中田などのスター選手、ジーコやブッフバルトのような外国人の貢献など様々な要因で成り立っているので、全てが川淵キャプテンの功績とは言えませんが、やはり川淵キャプテンが最大の功労者であることは間違いないですし、日本サッカーは彼のVisionに引っ張られて成長したと言えると思います。

私は、内需産業(インターネットや飲食産業)でたかだか数百億円規模の会社を作った経営者が若者に尊敬されるのは、非常に良くない風潮だと思っています。(これは自戒の念を込めて言っています。)もちろん内需産業であっても成功するのは立派なことですが、その成功をRole modelとしてしまったら、これからどんどん国際的な影響力を失っていく日本の経済に未来はないと思います。Globalな視点というのは絶対に不可欠です。

川淵キャプテンこそ若いEntrepreneurに尊敬され目標とされるべきではないでしょうか。

【参考】
川淵三郎 - Wikipedia
軌跡(前編)――日本サッカー 川淵三郎の決断
川淵三郎氏インタビュー(イノベーティブ・ワン)
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://y46.blog10.fc2.com/tb.php/347-476fcd17
| Home |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。