上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
先日選択科目のVenture Capitalが終わりました。講師は700億だか800億円のファンドを運用するシリコンバレーのVCのファウンダーで、授業スタイルはケンブリッジには珍しくClass Participationが評価の50%でCase Discussionのみでした。(この先生は基本的にはスタンフォードで教えていて、ケンブリッジには客員で来てるようです。)

さて、授業の最後に講師が言った言葉が気になっています。要約すると「ベンチャー・キャピタリストのキャリアと起業家のキャリアを混同してはいけない。投資してポートフォリオを管理するのと自分で事業をドライブするのは全く別の仕事なので、全く別のSkill setが必要になってくる」という感じです。

うむむ。

私は結構混同していたりします。かなり確信犯的に。

私は、VCとして価値を創出するベンチャー企業をサポートするのと、ベンチャー企業の中で働いて直接価値を創出するのは基本的には同じことだと思っています。確かにVC→事業家というキャリアパスはあまりないですが、実業家→VCは結構あるのでは?

うーん、どうなんでしょうか。

でも、講師の方は本当に尊敬すべき方で、授業はひたすら勉強になりました。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://y46.blog10.fc2.com/tb.php/338-efb8c3ab
| Home |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。