上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「巨人ファンは良いベンチャー・キャピタリストになれない」
「サッカー好きは立派な起業家になれない」
という自分が考えた暴論を私は40%くらい信じています。(40%というセコイ信念ですが)

実は私はサッカーは嫌いではなくてむしろ好きなのですが、私の中のアントレ魂がサッカーを手放しで賞賛させてくれません。ついつい「サッカーなんて所詮ワーキング・クラスの下品なスポーツで、ラグビーの方が上品で洗練されている」と言いたくなってしまうのです。自分の中ではサッカーもラグビーも同じくらい好きなのにも関わらずです。

また、私はジャイアンツが嫌いではありません。いい選手は過去にも現在にもいっぱいいるし。私はドラゴンズファンですが、原辰徳は絶対宇野や大島より立派な4番だと思います。でもやはり私の中のアントレ魂がジャイアンツや原を賞賛させてくれません。

何が問題なのかというと価値が正しく認識されてないと思うからです。ラグビーもサッカーも同じくらい素晴らしいスポーツなのに、ドラゴンズもジャイアンツも同じくらい魅力的なチームなのに、一方がやたらとOvervlueされて持て囃され、一方がやたらとUndervalueされているのが居心地が悪い気がするわけです。

起業家やベンチャー・キャピタリストというのは既成のパワーに対抗しようという気概からスタートすると思います。そういう「今に見てろよ」的な根性というのは、普段の生活の趣味趣向、特にスポーツの好みにも表れるのではないか、というのが「サッカー好きは立派な起業家になれない」説の立脚点です。

クラスメイトの根っからのアントレ野郎であるイギリス人(南アフリカ人でもある)のJは、スポーツ万能ですがサッカーやクリケットが嫌いで、フリスビーとかマウンテンバイクとかクライミングとかマイナーなスポーツばっかりやってます。先日のパブナイトで「サッカー好きは立派な起業家になれない」説を彼に話したら賛同してくれました。

もし、起業家/VCとそれ以外の一般の人に、好きなスポーツ/贔屓のスポーツチームをアンケートした調査があれば見てみたいところです。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://y46.blog10.fc2.com/tb.php/334-31457f0a
| Home |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。