上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
学校から自転車で帰ろうとしたら、鍵が壊れて自転車に乗れませんでした。つい数十分前まで鍵が開け閉めできていたのに。近くにいたアメリカ人のJ2人(2人ともJなので便宜上BigJとSmallJと呼びます)に見てもらいました。

BigJはマイクタイソンみたいにごっついので、彼でも開けられなかったら私が何時間力任せに頑張っても開けられないことを意味します。
→彼がいくら力を入れてもうんともすんともいいませんでした。

SmallJはとても賢いので、彼でも開けられなかったら私がいくら1人で智恵を絞っても開けられないことを意味します。
→SmallJはガチャガチャ揺さぶったりして工夫してましたが、やはり鍵は開きません。

というわけで早々にあきらめて歩いて帰ってきました。

世の中想像もしないことが起こるものです。帰り道はProbabilityとUncertaintyについて考えました。Uncertaintyには通常我々が想像しうる(懸念しうる)ものと全く想定外の突発事故と2つのタイプがあるのではないかと、とか。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://y46.blog10.fc2.com/tb.php/220-ad757395
| Home |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。