上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
株式会社とは"一義的には"(つまり単純に経済的・機関的な視点で見て、債権者の取り分を差し引いた後は)株主のものであり、取締役会とは株主から委任されて会社を経営をする機関なので、「株主利益の追求」というのは経営陣の重要なテーマです。でも、これってそんなに単純なものではないかもしれません。

株主利益は会社の利益率(ROE)が株主の期待収益率(或いは株主資本コスト)を超えたときにはじめて産み出されるという原則があります。この原則に則るとネット関連企業のような高PERの会社は、資本コストが高すぎて株主を儲けさせるのは至難の業です。

市場で決まる株価というのはあくまでも市場の問題であるので、会社がそれを必要以上に意識するのは望ましくありません。なぜなら、市場の期待に応えられなければ株価が下落して、株価が下落すればすなわち期待収益率が下がるので株主価値を産み出し易くなり、それによって株主価値が向上すれば株価が上がり、株価が上がるとまた市場の期待に応えるのが難しくなり・・・というように株価なんて所詮は企業の業績の周辺を行ったり来たりするだけのものなのです。

企業として考えなければいけないのは株主価値の絶対的向上であって、相対的向上ではありません。つまり、安い時に買った株主とか高値で掴んだ株主とかいろいろな株主がいるにしろ、買った値段というのは株主の自己責任なので気にする必要はないわけです。それよりも毎年毎年確実に利益を出していくことが大事です。どの程度の利益率が適正なのかは同業他社比較が一番適切な指標だと思います。

残念なことに株主価値の意味を履き違えている会社は多いです。時価総額経営というのは、そもそも市場が決めるべき株価を会社としての経営目標にしてしまっている点が危ういのではないでしょうか。一歩間違うと相場操縦的な活動に繋がりがちです。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://y46.blog10.fc2.com/tb.php/210-ab96426a
| Home |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。