上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
やっとECPのプレゼンが終わりました。私も下手くそな英語で精一杯頑張りました。とりあえず今までやった英語のプレゼンの中では一番の出来だったと思います。今は開放感に浸っています。

今回のプロジェクトで一番辛かったのは昨夜でした。私が作ったスライドがグループのメンバーのうちの二人に気に入ってもらえなくて、プレゼン前夜にも関わらずほぼ喧嘩状態の大激論を交わしました。私にしてみれば今までたくさん時間があったのにその時には何も言わず、なんで今更ケチをつけるのか意味が判らなくてとにかく納得がいきませんでした。彼らの言い分は「そのスライドは我々の結論と首尾一貫してなくて混乱を招く」というものでした。確かにそういう部分は否めないし、私も改善できるならしたかったのですが、彼らから提案された代案は余計に混乱を招くもので到底納得できるものではありませんでした。前日にラグビー観戦でグループワークをスキップした引け目もあり、自分の意見を押し通すのに難しさを感じましたが、最後まで喧嘩腰で大激論を続けました。

結局、プレゼン前夜もミーティングが終わったのは12時をまわってました。私は自分のオリジナルの考えをベースにしつつ彼らの意見を大幅に取り入れたスライドを作って、プレゼンに備えました。お互いに妥協できる所を妥協して、妥協できない所を徹底的に主張した結果の産物です。その時はただただ疲労感だけが残りました。

そして今日プレゼン後のクライアントとのミーティングで、クライアントから問題のスライドが一番素晴らしかったというフィードバックを貰いました。なんだかもう胸いっぱいになりました。プレゼン自体も非常にうまく行ってかなり満足してもらえたようです。

プレゼン後、プレゼンを担当した3人のメンバーでフォーマルホールに行きました。みんなで互いをからかって、みんなで互いのいいところを称えました。今日は本当に心の底から笑ったし、本当に楽しかったです。

wolfson08122005.jpg
いい仲間に巡り合いました。ちょっと卒業式みたいな感じになっちゃいますが、DS9の最終回からSiskoの挨拶を引用してみます。

This may be the last time we're all together... but no matter what the future holds... no matter how far we travel a part of us-- a very important part-- will always remain here... (注)in the Cambridge MBA.


(注)もちろん原文は"on Deep Space Nine"です。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://y46.blog10.fc2.com/tb.php/149-3c121aa5
| Home |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。