上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
yakei02122005.jpg
Judge Business SchoolのBenefactorであるPaul Judge氏主催のパーティに行ってきました。ロンドンのテムズ河畔のビルの18階のJudge氏のアパートです。アパートといっても150人でパーティできる広さです。さすがに16億円も寄付できる人は違います。

ドレスコードがブラックタイということでタキシードを着ていきました。タキシードなんてなかなか着る機会がないので新鮮でした。

スペースの都合上、本来はパートナーの同伴はできないパーティだったのですが、直前になって10名程度空きができたらしく、パートナーも誘っていいことになりました。というわけで夫婦で参加できて良かったです。

学校がチャーターしたバスでCambridgeに戻ったのは2時頃でした。楽しかったけど、バスの往復時間が長かったのでかなり疲れました。


#12月3日追記
そういえばJudge氏とお会いした時の第一印象は「てゆうかマハラジャ?」でした。いたストでいきなり出てきてたくさん買い物していくあれです。貫禄があり気前が良さそうな風貌と素敵な笑顔がまさにマハラジャです。
あと、こういうパーティに参加するとたまに思い出すのが「グレート・ギャッツビー」です。殆どの人が主催者のことを良く知らないんですよね。そういえばままバレーもだんだんギャッツビー化していったような。なんだか物悲しさも感じます。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://y46.blog10.fc2.com/tb.php/143-5323647a
| Home |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。