上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
昨日(11月5日)Trinationsの覇者オールブラックスがイギリスにてSixnationsの覇者ウェールズと対戦した試合を観たんですけど、オールブラックス、ヤヴァイです。スポーツを見てこんなにカッコいいと思ったのは、カープの前田に惚れ込んだ以来です。

オールブラックスといえばカーワンとかいた時代(もう15年くらい前か?)に結構よく見てて、なんか強いけどつまらない試合をするチームだなあくらいに思っていたのですが、昨日改めて見て認識を改めました。

うーん、カッコいい。

試合のほうは41-3だったんですが、なんかよく判らないんですが、オールブラックスのアタックはことごとくゲインをきっていたのに対して、ウェールズのアタックはゲインラインの前で止められていた印象があります。FW戦はややオールブラックスが押していたように思いますが、そんなにSignificantな違いはなかったです。なんでこんなに差がついたんだろう。うーん、やっぱ、オールブラックスのディフェンスの出足の速さとタックルの激しさが勝っていたのと、目に見えにくい部分ですが、相手ボールのモール/ラックでガッツリ押し込んでいたのでしょう。これをやるとバックスは飛び出しやすいのです。

このチームは全員が走れて、全員が人に強くて、そんなに重くはないけど決して当たり負けしないという、まさにトータルラグビーの鏡のようなチームではないでしょうか。

というわけで、オールブラックスの公式サイトへGo!

あと、Hakaのビデオ

あと、これHaka VS Tongaの踊り。
http://video.google.com/videoplay?docid=8906295916954916944&q=Haka
コブラ対マングース、ゴジラ対キングギドラ、サッチー対浅香光代に匹敵する迫力です。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://y46.blog10.fc2.com/tb.php/116-c45f49ab
| Home |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。