上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
しばらく見ないうちに、長淵剛がマッチョになってますけど。。。

http://www.nagabuchi.or.jp/
スポンサーサイト
今日のCorporate Governanceの授業より。

ビジネスの世界では「企業は株主のもの」つまり「株主は企業を所有している」という前提が広く信じられていますが、最新のCorporate Governanceの研究はこの前提に疑問を投げかけています。

法律上、少なくともUKの企業法上では、「企業は株主のものである」という議論を完全にサポートする条項はないそうです。そう言われてみれば日本の商法でもそうかもしれません。まず、会社は人格を持つEntityであることは確かです。その上で株主は出資者としての有限責任を担保されています。次に取締役の役割が規定されています。株主は"Residual Owner"や"Residual Claimer"としては規定されていますが、明確に"Owner"であるとはどこにも規定されていません。

"Residual Owner"というのは、債権者や従業員が全て所定のものを持って行った後の残りカスを請求できるに過ぎません。一般に言うところの所有(Ownership)とは全然中身が違うので、「私は車を所有している」と同じ意味で「私は会社を所有している」とは言えません。

また、会社の資産は誰のものかと問われれば、それは会社のものです。株主のものではありません。会社は会社としての人格を持っており、株主が勝手に会社の資産を処分できるわけではありません。

「企業は株主のもの」というのは、Anglo-America的発想が創り出した幻想ではないかという議論もあります。取締役会が株主の委任を受けて会社を統治するというAgent modelを発展解釈し過ぎた結果なのかもしれません。

最新のCorporate Governanceの理論を最も的確に体現する発言としてトヨタの奥田元会長の発言が引用されました。

For the long term sustainability of the corporation, it has to have long-term close relationships not only with employees but also with clients, customers, suppliers and the local community. This means that the interests of various stakeholders need to be taken into consideration by the management of the corporation, which is a public concern. A corporation therefore does not belong solely to the shareholders
Hiroshi Okuda, Toyota Chairman, 2001

ただ個人的には、トヨタは「大政奉還」という不可思議なことをやろうとしている会社ですのでこの分野のモデル企業というにはちょっと心許ない気もします。

さて、Takeawayですが、我々は「企業は株主のもの」というテーゼを深く考えもせず単純に信じ込みすぎたのではないでしょうか。先の奥田発言のような事情も考慮に入れて考えれば「企業は株主のもの」だなんて簡単には言い切れないはずです。「企業は株主のもの」という主張を信じ込んでしまう様は、コペルニクス以前の人々が天動説を信じ切っていたのと似ているような気がします。
ardbeg26042006.jpg
Macallanの失敗に懲りて、やはりIslayのボトルを買いました。Ardbegは仙台のアイリッシュパブで飲んだIslay初体験のモルトです。あの時の鮮烈な感覚は今でも覚えています。やっぱりこれですよ、これ。

ちなみにこのボトルはConnoisseurs Choiceと言って、酒屋がArdbegの樽を買い取って独自にボトリングしたものです。

それからついに念願のIslay行きの日程が決定しました!
なんと今週末です。もう楽しみで楽しみで眠れません。

妻を置いてWhisky好きの荒くれ者達と旅立つ不出来な夫をお許しください。。。

世界で最も有名な大学(院)ということもあり、アメリカやヨーロッパ、アジア各国の国外からの学生にも人気が高く、毎年世界中から大変優秀な人材が数多く集まる。そのブランド力からか、日本人の留学希望者も数多く、例えば経営大学院(MBA)には、ここ数年3~6名の「日本人枠」に対し、100名以上の入学希望者が殺到。

http://ja.wikipedia.org/wiki/ケンブリッジ大学
「日本人枠」というものがあるのかどうか私にはよく判りません。いや別に批判するつもりはなくて、本当にそういうものがあるのかどうか私には全くわからないのでちょっと気になったのです。まあWikipediaなので、明日には修正されているかもしれませんが。
OpenOfficeをダウンロードして使ってみました。
http://ja.openoffice.org/

これはすごい。。。ほぼ完全な互換性を持ってます。
openoffice.gif

もうMS Officeはいらなくなりそうです。

それどころか、ブラウザーはOperaやFireFoxの方が断然優れているし、ウェブベースのアプリケーションもAjaxなどのお陰でどんどん使いやすくなっているので、そろそろWindows自体が不要になる日も近いと思います。ようやくDesk Top Linuxの時代到来でしょうか。

いや、そもそもPCが本当に必要かどうかという検証もしなければいけないかもしれません。会社では必要ですが、家で20万円近い大金を叩いてPCを所有する必要ってあるのでしょうか?PS3が5万円で買えて、それにLinuxが付いてればもうPCはいらんのではないかと思います。

なんかいろいろ変わりそうな予感。
今日はVodafoneのCEO Arun Sarin氏の講演があったので行ってきました。欧米の経営者は本当にプレゼンとかスピーチがうまいので、勉強になると同時に退屈しなくていいです。スピーチのノウハウだけでなく、学生からの様々な質問に的確な答えを返して行くのを見て、私はある光景を思い出しました。

日本の某通信会社の欧州でのあるビジネスの立ち上げパーティの時のことです。還暦を越えていそうな副社長と称する方が、スピーチと称して紙に書いてある英文を聞き苦しい英語で棒読みしてました。一度も紙から顔を上げずにニコリともせずにただただカンペーを読み上げる姿を見て寒気を覚えました。当然、質問なんかに答えられるわけがありません。日本の大企業のトップってこんなもんですよね。。。

で、その後部長級の方(WhartonのMBAを持っていてハイパーネットにいらしたあの方、或いは当時はまだ課長級でしょうか)がスピーチをされたのですが、こちらは素晴らしかったです。プレゼンは大盛況で先の副社長の方とは格が違う感じでした。

欧米企業のトップは若くて優秀でエネルギッシュな方がやるのですが、日本企業ではそうじゃない場合が多いです。というか優秀なミドルエイジのマネージャーが押さえつけられている印象がします。これは企業の競争力にかなり影響する忌々しき事態かもしれません。
sakura24042006.jpg

ついに最後の学期が始まりました。今日から6月16日までです。

さて、今学期の授業は、

必修科目:
Corporate Governance and Ethics
ついに待ちに待ったこの授業が来ました。最も気合を入れて取り組みたいと思います。

Negotiation Skills
単位がもらえる授業ではありませんが、MBAでは御馴染みの内容です。

選択科目:
Emerging Technology Entrepreneurship
ケンブリッジと言えばアントレです。(と、言い切ってしまっていいのか?)

High Technology Venturing
上の授業と違いが判りにくいですが、こちらはビジネスプランを書くことに主眼を置いた実務的な内容のようです。

Entrepreneurship and Venture Capital
選択科目はアントレフォーカスにしてみました。

Mergers and Acquisitions
バリュエーションとかファイナンスよりのことよりストラテジーよりの内容のような印象です。

Boardroom Challenge
これは面白い試みで、某大手金融サービス会社(pepeさんが働いていた会社)へのコンサルティングプロジェクトを選択科目化したものです。NDAの関係で詳しく説明できないのが残念です。

というわけで、今日は久しぶりにCaseを読んだら疲れました。
macallan24042006.jpg
Islayのボトルは一通り制覇してしまったので、Macallanでも試してみることにしました。

しかし、

うーん、私の口には合いません。。。

やっぱ、Islayのボトルにすれば良かったと後悔してます。

ところで今学期は若干余裕があるので、クラスメイトと蒸留所Visitを計画しています。楽しみです。
成分分析占い:ユーモア占い

(y-46本名)の成分の分析結果

(y-46本名)の43%はトイレのトラブルで出来ています
(y-46本名)の29%はのりで出来ています
(y-46本名)の27%はウイルスで出来ています
(y-46本名)の1%はあきらめない心で出来ています



トイレのトラブルか。。。

そうか。。。

もう寝よっと。

Trackback from: ukdiaryの95%は運で出来ています Let it be -ケンブリッジMBA日記-
Eric von Hippel著"Democratizing Innovation"は、Innovationの分野で今最も"Sexy"な理論と言われているようです。

従来からMarketingの分野ではProduct-outとMarket-inという対立概念が語られていて、顧客志向(顧客の要望を商品開発に反映させる手法)であるMarket-inの考え方が優勢と言われていました。ただし、Market-inには落とし穴があります。顧客の声を聞きすぎるとInnovationが生まれにくい、というジレンマです。Innovationというのは斬新な手法や進歩的なアイデアの賜物なので、例えばマーケットリサーチやなんかで多数派の顧客の需要を把握しても浮かび上がってきません。また、顧客自身自分が求めているものを把握できていない場合も多いです。"Customers don't know what they really want."です。

そこで本書で扱われている手法が注目を集めるわけです。3Mなどで実践されている手法なのですが、まずはLead Usersという特別に先進的な顧客層を見極めて、彼らにTool kitを提供し、 彼らの手によって商品開発をしてもらうというものです。つまりはOpen Sourceのソフトウェアの手法と同じなのですが、この手法がソフトウェア分野以外にも通用するというのが本書のツボのようです。

民主化するイノベーションの時代
エリック・フォン・ヒッペル サイコム・インターナショナル
4903241076


Democratizing Innovation
Eric Von Hippel Eric Von Hippel
0262002744


翻訳版と原著へのリンクを張りましたが、実はこの本まるまるタダで読めてしまうのです。筆者のWebsiteからダウンロードできます。
Eric Von Hippel's Homepage

ではでは。
ケンブリッジは田舎なので、小動物や野鳥がたくさん見られます。リスやら野ウサギやら鴨やら白鳥やら。

canadagoose.jpg
中でもCanada Goose(またはCanadian Goose)という鳥は"So cute!"です。このムクムク感が溜まりません。いつまでも眺めていたい気分になります。

ちなみにこのガチョウは結構大きくて、白鳥と同じくらいのサイズがあります。白鳥より一回り小さい程度です。人が近くによっても全然動じません。

Trinity CollegeやKings Collegeなどのバックヤード(ケム川沿い)で多く見られます。

#2006年5月7日修正、白鳥と同じくらいということはないですね。。
MCPが終わったので今日はスポーツ三昧でした。午前中にUltimate Frisbeeをやって、午後はクリケットの練習に参加してきました。

クリケットをするのは生まれて初めてですが、これは激しく面白いかもしれません。なんか球を打つスポーツというのは爽快感があっていいです。

ただ投げるのは結構難しいですね。肘を曲げてはいけないんですよ。なんかモドカシイ。。

まあでも素人の私が試合で投げることはないかもしれませんが。

クリケットはイギリスだけでなくインドやオーストラリアなどの英連邦では大変な人気で、競技人口はサッカーに次いで2位だそうです。うちのクラスにもクリケット狂みたいなインド人がいます。もちろん私は野球の方が面白いと思いますが、これはこれで人気がある理由がわかるような気がしました。

というわけで、MBATはフリスビーとクリケットをやることにします。

y-46@体育だけはいつも5
http://tlh.wikipedia.org/wiki/ghItlh'a'

うわー、なんて書いてあるかさっぱり判りません。。

Googleのやつは有名ですが、ついにWikipediaも。。。
http://www.google.com/intl/xx-klingon/

Qapla'!
J.J. Abrams directs Star Trek movie

ついに新作映画の製作が公式発表されました。しかし11作目ですか。こうなったら是非寅さんシリーズ並みに続けて欲しいものです。

The new film will focus on the origins of the characters James T. Kirk and Spock, made famous in the original series and films by William Shatner and Leonard Nimoy, respectively.
(略)
The film will feature the first meeting between the two characters, when they are cadets at Starfleet Academy, as a futuristic version of "The First Time Ever I Saw Your Face" plays on the soundtrack. The cadets embark on their first adventure together, a space mission wherein Kirk does his first sideways jump-kick. Presumably, younger actors will be cast in the roles.


てっきりDS9の話かと思ったらTOSのようです。カークとスポックの役を別の役者にやらせるとはかなり大胆なことをするものです。これだけ有名な、しかも熱狂的なファンの間で既に固定化したイメージが出来上がっているキャラを、別の役者にやらせるというのはかなりのリスクを伴います。寅さんを渥美清以外の役者がやるようなもんです。

さらに言うと、今更原点回帰もなんだかなあ、という気がします。どちらかというとシスコのその後が見てみたかったです。
MCP(コンサルティング・プロジェクト)のプレゼンが終わりました。まあまあの出来だったと思います。

プレゼン後にクライアントとランチとパンティングをご一緒しました。クライアントの担当者はOxford(Undergraduate)出身で、CambridgeとOxfordではパンティングの時の立ち位置が違うことから、"You punt to a wrong direction."と言われました。

終了後にAcademic Supervisorから簡単にフィードバックとレポートについてのアドバイスを貰ったのですが、目標だった75以上のマークというのはちょっと難しそうな感じでした。"You did a good job, but it is not that outstanding."てな感じなことを言われました。ガックリ。

マークというのはいかに担当教官のExpectationに応えるかがポイントだと思います。期待通りのパフォーマンスをして満足させれば65近辺のマークになります。"Outstanding"である70以上のマークをとるには完璧に期待に応えないといけないようです。さらに、Expectationを超越するようなInsightfulな仕事をすれば75以上も可能ですが、これは本当に難しいです。担当教官によってツボが違うし。

レポートに関してかなり詳細なアドバイスを貰いました。うまくやれば"Extra 5 points"をゲットできるかもと言われたので、もしかしたら70は可能かもしれません。頑張ります。

Definition
typo
noun [C]
a small mistake in a text made when it was typed or printed

Cambridge Advanced Learner's Dictionary


Also known as... 何回も見直してもう絶対無いと思っていても必ずあるもの、又は提出前に血眼になって探したときには見つからないくせに提出後にふっと見つけてしまうもの、或いはスペルチェック機能を過信しすぎると痛い目を見るという教訓の痛々しい実例。

むむむ。やってしまった。
2006.04.19 | 留学 | 海外情報 | ビジネス
Full list: 100 most desirable employers

MBA学生による企業の人気ランキングです。

1 McKinsey & Company
2 Google
3 Goldman Sachs
4 Bain & Company
5 The Boston Consulting Group
6 Citigroup
7 Apple Computer
8 General Electric
9 Johnson & Johnson
10 Morgan Stanley


Googleが2位ってすごいですね。驚きです。

ちなみに日本企業は29位にソニー、31位にトヨタが入っていました。例のツートップですね。

このランキングは優良企業のランキングではなくて、「金払いが良さそうな企業ランキング」、或いは「こういう会社に入るとエリート感が満喫できるぞランキング」と言えます。

ちなみにアメリカのスクールでアンケートをとったみたいですね。ヨーロッパのスクールだとどうなるか興味深いところです。
私が熱狂的前田ファンであることはあまり知られていない事実かもしれませんが、今シーズンのいわゆる打順問題については相当気を揉んでいました。あと1ヶ月このまま前田が2番に座り続けたら胃潰瘍になるところでした。

ようやく朗報が。

広島、ブラウン流14戦でギブアップ…前田を5番に戻す

ここまでの前田は散々です。.213、1本塁打、1犠打。

ん、犠打?

前田にそんなことさせるなよ。。。

とにかく今後に期待です。
MCP(Major Consulting Project)もいよいよ大詰めです。木曜日のプレゼン、金曜日のレポート提出に向けて、最後の追い込みをしています。プロジェクトはここに書いたようにInnovationとCreativityに関するリサーチです。

プレゼンは、とにかくすごい出来です。(自画自賛)
構成もインパクトも小技も自信ありです。
#木曜日の10時30分からLT2でやるので、もし良かったら見に来てください。(聴講できるかどうかは確認してませんので、Kick outされたらごめんなさい)

レポートのほうはAppendixだけで120ページくらいになりそうです。(本文は3,500ワードなので10ページくらい)

ECPという11月にやったプロジェクトでは70点という高評価を貰ったのですが、出来栄えからすると今回のMCPは最低75点は貰わないと気が済まない感じです。いや80点は欲しいかも。

個人課題なんて落第さえしなければ何点でも気にならないのですが、グループワークは燃えます。いい点取らないと気が済まないです。ビジネスなんて一人では絶対にできないので、個人課題よりグループ課題の評価のほうが絶対に実能力を反映すると思います。
useful for office! - YouTube

これ、めっちゃ笑えます。

だんだん何のBlogか判らなくなってきてますが、今回のは遊んでいるわけではなく、来週のMCP(コンサルティング・プロジェクト)のプレゼン中に流すビデオを探していたためです。

プレゼンは出し物みたいなもんですから、ユーモアも必要です。
Network Effect(ネットワーク・エフェクト)とは、製品のシェア(ユーザー数)によって価値が乗数的に上がることをいいます。一般には電話とかWebsiteなんかは典型的にNetwork Effectが見られると言われています。


... 続きを読む
奥さん、「日本一かっこいい男」と言っても過言ではない白州次郎はケンブリッジ出身らしいですよ。というわけで留学するならやっぱりケンブリッジです。これ最強。

ちなみにカレッジは名門クレア・カレッジだそうです。

旧白洲邸 武相荘
白洲次郎 - Wikipedia

白洲次郎 占領を背負った男
北 康利
4062129671
これはかなりツボです。ボイスが。

【ダウンロード】
http://www.vector.co.jp/games/soft/win95/game/se193182.html

【ゲーム画面】
simmaccho.gif


この歳になると大作ゲームはなかなかやる気が起きませんが、こういうバカパクっぽいやつはOKです。

バカパクといえばこれもかなり面白かったです。ちなみにかなり難しいです。
http://wandergalaxy.daa.jp/flash/dareka.swf

なんか最近全然MBAっぽくない記事ばっかですね。いや、今はプロジェクト中で特に書くことがないんですよ。
dinner12042006.jpg
前学期のチームメートを呼んでご飯を食べました。スモークサーモンのちらし寿司、鶏五目御飯、コロッケ、トンカツ、味噌汁、サラダという感じです。どれも非常に好評でした。(わいふに感謝です。)

関係ないですが、麻雀って、意外とアンコるし、意外とペンチャンに入りますね。こんなもんだっけ?

あと、カイヤがハッスル参戦だそうです。インリン様より強そうですね。
http://www.nikkansports.com/battle/f-bt-tp0-20060412-18156.html
daisangentenpai.jpg


うおー、大三元聴牌!!

でもよく見たらハツが純枯れという罠です。

これはさくさく進むのでなかなか面白いです。ものの20分くらいで半チャンが終わるところがいい。
http://www.vector.co.jp/games/review/1127/1127.html
北斗の拳やってますよ。ここで。

さすがに全部見る暇はないので、ユダのところだけ見ました。

私のお気に入りのキャラはユダなのです。彼って"きもかわいい"の先駆的存在ではないでしょうか。(違うか。。)

「私は誰よりも強く、そして美しい」といっちゃってる顔で言うところとか、「切れろ切れろ」といっちゃってる顔で叫ぶところとか最高です。でもジャギやアミバとは違って最後はいいところも出てくるところが更にいいです。さすがに「ユダが好き」という人にはまだ会ったことはありませんが。

ちなみに私の北斗南斗占いはジュウザでした。これはこれでちょっと嬉しかったりします。
http://www.geocities.co.jp/Hollywood-Theater/2317/uranai.html
人間は言葉を聞くと脳内で視覚化して理解する傾向があるようです。例えば「ハワイ」という言葉を聞くと多くの人は青い海と綺麗なビーチをイメージします。「ゴキブリ」と聞けば、その姿を思い浮かべてぞっとします。

で、、、

大豆は「畑の肉」と言われているそうです。

「畑の肉」

コ、コエー
ちょー怖くないですか?

ちなみに、大豆のアミノ酸スコアは86と肉やホエイに比べるとやはり少し劣ります。あと、犬には生の大豆はダメだと言われますが、人間でも生では食べないですよね。

まあ、どうでもいいんですが。
Information Systemsの個人課題の結果が返ってきて、65点とまずまずでした。(平均点くらいと思われる)でも、講師のコメント欄には「いまいち深みがないけど、努力は認める」と結構辛辣なことが書いてありました。このレポートは某大手外資系ネット企業について書いたのですが、実際に働いている方にインタビュー(メールで問い合わせ)を敢行した努力作です。ヘボい文章でも努力が認められればそれなりのマークを取れるということでしょうか。

こういう努力点というのは他にも結構あります。例えば論述の試験ではたくさん書いたほうが点数が高くなるようです。こういうのは古今東西共通だと思います。欧米人はドライというわけではありません。センスは多少違いますが、人情みたいなのも当然あります。「まあ、そこまで頑張ったんだから認めよう」みたいな。

私はGMATのスコアが極端に低かったので、出願の時は必死で努力をアピールしました。「Why you should choose me」というアピールプレゼンをしたり。そういう努力というのは評価されるもののようです。
そういえばFireFoxってCSSの中に全角のスペースがあるとちゃんと読んでくれませんね。以前も同じようなことがあって、何時間も表示の不具合の原因を探した覚えがあります。もう何年も前のことなのですっかり忘れていました。

FireFox、CSSの全角スペースに注意、です。

覚書として。
うちから自転車で10分くらいのところにCotonという小さな村があります。The Ploughというパブが結構評判がいいらしいので行ってきました。
plough06042006.jpg

いくつか写真を撮ったので以下にUPしてみます。
... 続きを読む
| Home | Next
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。