上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
zenin29112005.jpg
カレッジのクリスマスディナーに行ってきました。ご覧のとおり、MBAもたくさん参加しました。そつなくスマートにソーシャル活動をこなすと評判のukdiaryさんも友人に招待されて参加されてました。

manav29112005.jpg
わたしゃ、は、は、はるですー、という感じの帽子を被ってます。クリスマスですからね。

sg29112005.jpg
まだ、被ってます。おっさんボートでへーこらほー。

今週はパーティがいっぱい企画されているのですが、勉強のほうも忙しいので断腸の思いでいくつかに絞りました。

#ところで今回から写真のサイズを大きくしてみました。Much better?
スポンサーサイト
今日はFinanceとMarketingのケースを読みました。

Finance(M&Aの話)
全然ワカンネ。ツマンネ。

Marketing(Avonの話)
面白い!

今回のケースだけじゃなくて授業全般を考えてもMarketingのほうが面白いです。Financeはなんか難しいし、一旦道を外れると全く判らなくなるし、問題演習も本質論と離れたトリッキーな部分で引っ掛かるので、とにかくつまらないです。私はどちらかというとFinance畑の人間だと思っていたので、ちょっとショックです。

Financeがつまんない原因は私の頭がアホなのもありますが、授業の構成にもある気がします。理論ばっかりで実際のケースが少ない。教科書からして理論中心だし。(あ、これは学校批判じゃないですよ。Financeという科目の特性上仕方ないと思います。)それに比べるとMarketingは実例がふんだんに入っていて面白いです。

というわけでこれが教科書。

Principles of Corporate Finance with Student CD, Ethics in Finance Powerweb and Standard and Poor
Richard A. Brealey Stewart C. Myers
0071117997

Marketing Management (Marketing Management)
Philip Kotler Kevin Lane Keller
0131457578

Financeはグループプレゼンがあるみたいなのですが、困ったなあ、全然わかんねー。。
2005.11.29 | 留学 | 海外情報 | 生活/雑感
ジムに通い始めてかれこれ1年になります。

忙しい時や旅行中の時は2週間とか1ヶ月とかサボっているし、普段も本当は週2回行きたいのに週1回ペースになっているので、そんなに体型が変わりません。

目標は体重70kg(減量ではなく、増やすほう)です。Personal Brand Valuesの一環で年相応の貫禄をつけるためです。去年の12月には一旦70kgになったんですが、これは脂肪太りで、お腹もポンポンだったし顔もパンパンだったので、一時帰国した際にみんなにデブ呼ばわりされました。orz

お腹を出さずに体重を増やすのって本当に難しいです。さっきもわいふにお腹を触られて「お餅みたい」と言われました。最近夜中にお腹が空いて夜食を食べてしまうのです。。
christmas27112005.jpg
街はすっかりクリスマスっぽくなってきました。あと2週間で今学期も終わりですが、プレゼンやらレポートやらパーティやらでとても慌しい2週間になりそうです。

最近は土日も関係なく学校でグループワークのミーティングをやってます。お金が貰えるわけでもないのにみんな良くやるわと思います。少しでもいいものを提出しようというプロフェッショナル意識なのかもしれません。

冬休みはヨーロッパを旅行しようと思っています。こんなところに行く予定です。
リヨン(フランス)
ジュネーブ(スイス)
チューリッヒ(スイス)
ミュンヘン(ドイツ)
ザルツブルグ(オーストリア)
ウィーン(オーストリア)
プラハ(チェコ)

休み明けにテストがあるので、教科書を持って旅行に逝きます。。
bunahabhain26112005.jpg
先日のウィスキーテイスティングパーティに触発されて、そろそろ新しいボトルを試したくなりました。というわけでBunahabun(ブナハーブン)です。

たっぷり香りを楽しんでから、一口。

ううん?

これって全然アイラじゃないですね。なんだかスペイサイドっぽい特徴があるような気がします。うーん、あまり好きな味じゃないかも。

次は、評判の高いLAGAVULIN(ラガヴーリン)を買ってみようと思います。LAGAVULINを買うと現在休止中のPORT ELLEN(ポート・エレン)を除く全てのアイラモルトのボトルが揃います。我ながらずいぶんマニアックなことをしているなあと。。

今のところ好きな順番で言えばこんな感じでしょうか?
ARDBEG アードベッグ
CAOL ILA カリラ
LAPHROAIG ラフロイグ
--------超えられない壁--------
BOWMORE ボウモア
BRUICHLADDICH ブルイックラディ
Bunahabun ブナハーブン

LAGAVULIN(ラガヴーリン)は壁のどちら側に来るでしょうか。楽しみです。
a65495nu0mrj112005.jpg
インド人のM主催で、ウィスキーテイスティングパーティをしました。参加者が10ポンドづつ出し合ったお金を原資にいろいろなボトルを買ってきてみんなで飲みました。

こんなものを飲み比べました。
Glenfiddich - Speyside
Highland Park - Highland
???? - Lowland
Springbank - Campbeltown
LAPHLOAIG - Islay
#ローランドのモルトの名前を忘れてしまいました。ううう。

締めはもちろん我らがLaphloaigです。てゆうかオオトリはLaphloaig以外はありえません。(他に誰がつとまるというのでしょうか。いや誰もつとまらない。)

16人(ウィスキーを飲まなかった人もいるので実質は12-3人?)で5本のボトルを2時間程で空けてしまいました。当然かなり幸せな気分になりました。
2005.11.25 | 留学 | 海外情報 | 生活/雑感

ははうえさま

ははうえさま お元気ですか
ゆうべ 杉のこずえに あかるくひかる星ひとつみつけました
星はみつめます ははうえのように とてもやさしく
わたしは星にはなします
くじけませんよ 男の子です さびしくなったら はなしにきますね
いつか たぶん
それではまた おたよりします
ははうえさま いっきゅう

(歌/藤田淑子 作詞/山元護久 作編曲/宇野誠一郎)



ウィスキーテイスティングとパブナイトの後に、寒空の中家路を急いだ。本当によき友に恵まれたと思った。日本でもCambridgeでも本当によき友に恵まれて幸せだと思った。

小さい頃から「勉強をしろ」とか一切言われたことはなかった。どれだけ遊び呆けても怒られなかったし、どれだけひどい成績をとっても怒られたことはなかった。でも、友達を大切にしなかった時は本当にこの世の終わりのように怒られた。そのお陰で本当によき友に恵まれた。これは本当に母上のお陰だと思う。

ありがとう。

自転車での帰り道はとても寒かったけど、星はとても綺麗だった。空気はとても澄んでいて、心はとても暖かかった。まるで可児にいるみたいだった。


くじけませんよ 男の子です さびしくなったら はなしにきますね
いつか たぶん
fushigi23112005.jpg


1 クリックして拡大して見てください。
2 左の人が怒ってますよね。
3 3mくらい(目のいい人はもっと?)離れて見てください。

おおおお!?
king22112005.jpg
最近ぼちぼちアプリカントの方からお問い合わせをいただくようになりました。在校生としては、Cambridge MBAに興味を持っていただいている方からお問い合わせをいただくのは、大変嬉しいことです。ありがとうございます。

さて、昨年MBA受験の際、私も在校生の方々にメール等で質問をしました。今思うと「どんなことを聞けばいいのか」とか「こんなことを聞いたら失礼かな」とかいろいろ悩んだ気がします。知らない人に質問するというのは結構気を使うものだと思います。

もし私に質問される場合はどんな質問でも構いません。「GMAT何点くらい必要か?」とか「Cambridge MBAの悪いところは?」とか「ぶっちゃけ何聞いていいか判らないけど、とりあえず雰囲気はどう?」とか、そういう質問でも歓迎です。(ただし明確なお答えができるかどうかは判りません。)またBlogを書いている人に質問する場合悩むのは「自分の質問の答えが既にBlogに書いてあったらどうしよう?」だと思いますが、気にせず質問してください。私のまとまりのないBlogを順番に読む必要はありません。

というわけでご質問のある方は左のサイドバーのメールフォームからどうぞ。

なお、Cambridge MBAには比較的Bloggerが多いようで、このBlogの他にも下記のようなBlogがあります。参考にされてはいかがでしょうか。
ケム川のほとりで
Let it be -英国ケンブリッジMBA日記-
MBA Life ( Stanford, USA to Cambridge, UK )
ケンブリッジ MBA留学日記
ケンブリッジ田舎紳士?日記
Saatchi & Saatchiという広告会社によるUnleashing Creativity Workshopというセミナーが日曜日と月曜日の2日に渡って行われました。CEOのKevin Robertsはその分野ではかなり有名な人物らしいのですが、丸2日間ワークショップに同席して、明日の午前中には講演を行うという力の入れようです。

KevinはLovemarksという著書で、ブランド戦略のキーは「愛」である、という持論を展開しており、MBAで習う論理的なアプローチとは正反対の感情的なアプローチの信奉者です。

ワークショップの内容は、いかにしてCreativeな思考をするかをケースやグループワークを通して学ぶものなのですが、内容は人によって結構好き嫌いが分かれるのかもしれません。「くだらない」「退屈だ」という意見と「面白い」「目から鱗だ」という感想を両方聞きました。

私個人としては、面白い考えに触れられて良かったなと思います。創造的な思考の大切さを学べた気がします。

というわけで創造的に考えた結果、ワークショップを途中でふけて帰ってきました。他にやることあるし、ワークショップに出なきゃいけないなんて創造性に欠ける視野の狭い考えだと思いますwww

Lovemarks: The Future Beyond Brands
A. G. Lafley Kevin Roberts
1576872041
三菱UFJの9月中間、純利益6350億円に・トヨタ上回る
郵政公社の黒字9984億円…トヨタ上回る

トヨタは今や世界で最も尊敬されるグローバル企業の一つなのですが、あまり尊敬されていないドメスティックな企業にサクッと利益額を抜かれてしまいました。

日本のGDPは世界の10%を占め、内需産業でも十分な規模になることができます。改めてすごい国だと思いました。ヨーロッパの一流サッカー選手がわざわざJリーグでプレーしないように、日本のビジネスマンもわざわざ日本以外で仕事をする必要はないんですよね。どう考えても東京で働くのが一番お金が稼げるし、駐在員/現地社長的な仕事やNY/シリコンバレー/シティ等の一部の特別な地域での仕事を除けば海外で働くことはレベルの低い環境に逃げる行為と言えるかもしれません。

確かに東京で働いていた時は、ストレスも多かったし忙しくて大変だったのですが、それもトレードオフです。帰国したらもう一度頑張ろうと思います。

#かなり論理が飛躍してますが、わざとですので。。
cam20112005.jpg
写真は本文と関係ないですが、うちの前に広がる大草原です。冬の朝はこんなです。

最近感じるのですが、日本人(韓国など一部のアジアの国もそうかも)って初対面の人やまだ馴染んでいない集団の中で振舞う時、まず様子を見るような気がします。相手がどんな人なのかよく観察して話題や言葉を選ぶのが一般的ではないでしょうか。一方で、欧米人は周りの様子を見る前に自己主張を始めます。「俺はこう思う」がまずありきです。

欧米人って、特に英米人って壁に向かっていても延々と喋れるのではないかと思うくらい、相手が聞いていようがなかろうが、理解していようがいまいが、一方的に喋れる人種のようです。相手に理解されることよりも、自分の意見をかっこよく言い切ることに重点を置いているのではないかと思える時もあります。

日本人にはあまりそういう人はいません。例えば、日本人が日本語を話す外国人と話す時は、相手が理解しているか常に確認しながら話すと思うのです。少なくとも私はそうだし、私の周りの人はそうでした。自分の意見を言い切ることよりも、相手に自分の意見がどう捉えられるかを気にします。

ラグビーでノールックパスを出して誰もいないところにボールを放ったら、「こんな絶好のスペースに走りこんでいない奴が悪い」というのが欧米流、「人のいないところにパスを出してしまってスミマセン」というのが日本流でしょうか。(判りにくい喩えかな。たぶんサッカーでも同じだと思いますが。)

このような事情から、グループワークの最初のころは噛み合わないことが多いのではないかと。時間が経って気心が知れてくるとだんだんうまく行くようになりますが、それまではフラストレーションが溜まることもあります。

今日はSaatchi & Saatchiのワークショップでいつもと違う人とチームを組んで、多国籍チームの難しさを再認識しました。

しかし、これは本当にいい経験だと思います。
こんなもんが突っ込んできたら、逃げたくなりますよね。いや、確実に逃げますね。

今日は本当は学校で調べ物をしなければいけなかったのですが、結局ずっとラグビー見ちゃいました。アイルランドVSオーストラリアに始まって、ウェールズVS南アフリカ、んでイングランドVSオールブラックスのハイライトを観ました。

各チーム特徴があって非常に面白いのですが、やはりオールブラックスの総合力の高さはずば抜けているように感じます。今日のイングランド戦は23-19とスコアは接戦に見えますが、ラグビーの質はスコア以上に差があったように思います。

最近の南半球チームの遠征を見て、下記の3チームが強いと思いました。ほんとはフランスも強いのかもしれませんが、試合見てないので。

イングランド:
相変わらず強力フォワードとスーパーブーツという組み合わせで安定して力を発揮するのですが、トライがなかなか取れないので一旦劣勢になると不利のようです。

南アフリカ:
フォワードもバックスもとにかくデカイです。ラインアウトや密集でのボールの取り合いに自信があるためなのか、やたらキックを多用します。

ニュージーランド:
全員が走れる、ハンドリングがうまい、人に強いチームで、まさにトータルラグビーの理想形です。ディフェンスの出足が早くて相手チームはなかなかなゲインを切れません。あと、今の代表チームは半分以上がマオリ系の人なんでしょうか?体はそんなに大きくなくても、白人より人に強いですね。見た目も迫力あるし。

ニュージーランドは来週のスコットランド戦で勝てばグランドスラム(英国4協会制覇)です。今日の勝利で達成はほぼ確実な状況かも。
竜5巡目・柳田、NOMOクラブから初指名

ついにNOMOクラブからプロ野球選手が誕生しました。しかもドラゴンズ。やっぱ頑張ってる人ってカッコいいですね。

感動しますた。テラスゴス。

NOMOベースボールクラブ

しかし、なにげに光山がMOMOクラブでコーチをしているのを発見しました。野茂の時は光山、これ鉄則ですから。
大学の時にアパートの隣室に住んでいた近鉄ファンのA君は、パワプロをやると野茂の時は必ず光山にマスクを被らせてました。
purple.gif調子がこんなんでも光山。これ鉄則ですから。
最近めっきり寒くなりました。自転車乗るとき、耳がちぎれそうです。明日の最低気温は-4℃ですって。

可児より寒いのね。
明日/明後日のマーケティングのケースでNTTドコモをやるのですが、前日になってレクチャラーから「ドコモのことをよく知っている日本人でクラス中にプレゼンしてくれないか」とのメールが入りました。普段発言数の少ない日本人生徒(中には発言しまくっている人もいますが)に花を持たせる粋なはからいだと思います。これは気合を入れてビシッと決めねば。

というわけで今日は急遽我が家でプレゼン準備ミーティングとなりました。今年のCambridge MBAには7人の日本人がいますが、実は全員が一堂に会したのはこれが初めてです。

20時から初めて、12時を過ぎたころからお酒が少し入って、午前3時前に無事終了しました。一晩の作業としてはかなりいいものができたと思います。

Cambridge MBAの日本人学生は皆さん各界を代表する優秀な方で、私が今までどっぷり浸かっていたベンキャー業界にはなかなかいないタイプの方が多いです。ベンチャーの世界も面白いですが、いわゆるエリートの世界もやっぱりすごいですね。そんな異業界を垣間見れるのもMBAの醍醐味かもしれません。
MBAでは毎度お馴染みのコンサルティングプロジェクトですが、CambridgeではECPとMCPの二つのプロジェクトがあります。ECPはEntrepreneurship Consulting Projectの略で、地元のベンチャー企業に対してコンサルをするというハイテク企業の集積地であるCambridgeに相応しいプロジェクトです。

最近これのせいでやたら忙しいんです。チーム内でミーティングをしたり、調べ物をしたり。

我々のチームはホログラム関連のハイテクベンチャーの案件をやっているのですが、ハイテク過ぎて技術的な部分がよく判らないのと、クライアントが出張中で未だにキックオフミーティングが出来ていないので、かなり苦戦しています。

まだこの会社の技術と応用分野を十分に理解できていないので、資料をいっぱい読み込まないといけなそうです。
以前にも書いた気がしますが、今やってる授業の中ではFinanceが一番難しく感じます。今日もPre-readingしている時は脳みそをしわくちゃにしてもサッパリ判らなくて困りました。(その後の勉強会でだいぶクリアになりましたが)某社でM&Aとかを担当していた私がこんなんでは不味いのですが、ちょっと言い訳してみたいと思います。

いきなりぶっちゃけて書いてしまいますが、Financeの教科書で習うNPVとかDCFとかって結構Uselessだと思います。基本的な概念としてPresent Valueの基礎を覚えるのは非常に大事ですが、あんまり細かいところまで立ち入っても役に立つことが少ない気がします。

実際、企業のValuationをする時にDCFって殆ど使わないんじゃないでしょうか。第一に、BetaとかWACCとか弄って数字遊びをするより、そもそもその事業が儲かるのかを洞察することの方が重要です。割引率が2%とか変わっても大した違いにはなりませんが、3年後の利益が100億違えばすごい違いになります。将来の収益性を洞察するためには業界動向に精通する必要があるでしょうし、経営陣の資質を見抜く必要があるでしょう。ハイテク企業の評価であれば技術に関する理解は必須です。そっちのほうが企業評価の主役なので、DCFとかは些細なものです。

第二に、「Betaを○○と仮定する」「○年後以降の永久成長率を○○と仮定する」「デットエクイティレシオは一定のものと仮定する」とかそういうの多すぎです。そんなの現実世界にはあり得ませんから。

最後に、資本市場における株価はDCFでは決まりません。つまりA社の株を買う投資家はA社のFCFを現在価値に引き直して割安だと思うから買うわけじゃないです。やっぱPER(と配当)を見るでしょう。

ちなみに私は未公開企業の評価方法としては、DCFよりも類似業種比準方式(場合によって類似会社比準方式や純資産方式、またはそれらの併用)のほうが理にかなっていると思います。第一に、株価のことは資本市場に聞け。第二に、未来のことは下手に詮索するな、てな感じです。

NPVの考え方はプロジェクトファイナンスで投資価値を判断する際に、単純化したモデルとして参考にすると有用だと思います。でも企業評価に使う場合は結構問題がある気がします。実際にはどの評価方法にも問題はあるのですが、世の中の風潮がDCFに傾きすぎるのでちょっと気になった次第です。
今日は妻の語学学校のお友達とお昼を食べてから学校に行ってコンサルティングプロジェクトのリサーチ&ミーティングをしました。学校へ向かう途中Allblacksの旗を持った一団に出くわしたので「多分今日は試合なんだなあ。帰ったら見ようっと」とわくわくしました。当然試合は夜だと思ったので、ひさしぶりにジムに行って気分を盛り上げて家に帰ってきたら、試合はとっくに終わってました。。。

orz

Ireland 7-45 New Zealand

ちくしょう。来週は絶対見てやるから。。。

Saturday 19
Autumn Int - Grandstand, BBC One, 1405: Ireland v Australia

Autumn Int - BBC Two, 1645: Wales v South Africa

Autumn Int - BBC Three, 1900: England v New Zealand (highlights)

Sunday 20
Grandstand, BBC Two, 1350: England v New Zealand (highlights) & Scotland v Samoa

http://news.bbc.co.uk/sport1/hi/rugby_union/4223460.stm


来週は勉強する暇なしですね。
最近なんだかMBA生活にも慣れてきて、手の抜き方を覚えてしまって、あんまり勉強をしなくなってしまいました。今日のOrganisational Behaviourもケースを読まずに授業を受けてしまって、なんだか勿体無いことをしました。

これではいかん。

クラスメイトには毎日のように飲んでる人もいますが、英語のハンデがある私が同じようにしていては駄目です。授業についていけません。

というわけでもう一度気合を入れなおして勉強中心の生活に戻したいと思います。

今週末は絶対これをやる。
-EAPのPaperII
-Marketingのレポート
-ECPのリサーチ
-Financeの予習

土曜日はECPのミーティング、日曜日はFinanceの勉強会。がんばろっと。
rugby11112005.jpg
Cambridge MBAにはたくさんの優秀な生徒がいるので、めったなことでは驚かない私ですが、今日ばかりは驚きました。いや、ほんとに。

いや、今日はCambridge大学とサモア代表の試合を見に行ったんですよ。大学のチームが一国の代表と試合するだけでも驚きですが、なんとわが大学は前半を5-3で折り返し、サモアをあと一歩まで追い詰めました。後半は惜しくも数本のトライを許して22-9で敗れたのですが、展開ラグビーのサモア代表に対して互角の試合展開をしてました。

で、驚いたことというのは、善戦したという事実ではありません。
... 続きを読む
今日は珍しく授業がない日で、飲み会だけ参加してきました。昼寝のときに嫌な夢を見て、なんだかあんまり気分が優れない日でした。Management Analysisのテストの結果が返ってきて、なんか平凡な結果だったので更に落ちました。たぶん平均よりはかなりいい点数だと思いますが、この科目は唯一の得意科目なのでクラス一番とか取らないと気がすまないところはありました。いや別に自惚れで言っているわけではなくて、たぶんこのクラスで一番給料(最高到達点)が高かったのは私なので、その分いい成績をとって当たり前だと思った次第です。
(後日考:んなこともないみたい。。。)

まあでも世の中には頭のいい人がいっぱいいるのです。この学校にしたってすごい倍率の選考を生き残った人たちばかりです。そんな中で一番なんて取れるわけないですね。

JMPさんも目標を立てているので私も目標をば。
-謙虚になること
-プライドをもつこと
-努力すること

全然具体的じゃないな。。。
Organisational Behaviourは大体どこのMBAでも必修科目となっているのではないでしょうか。ソフト科目の代表選手です。個人のモチベーションから組織の中のリーダーシップ、さらには企業文化まで学ぶという野心的な科目です。

今日はリーダーシップがテーマだったんですが、「うんうん」と頷ける反面、目から鱗の新発見というのはなくて、ビジョンが大事だとか委任が大事だとかそういう「言うは易し」な内容がほとんどでした。

私はとある会社の取締役になるまでの4年間、常に「自分が経営陣の一角になったらこうするのに」と考えていて、理想のマネージャー像もあり、自分ならうまくやれると思っていました。

しかし、本当に経営陣として裁量を振るう立場になって初めて「こりゃ考えていたより難しいや」と判りました。どう振舞うべきか常に悩んでいた気がします。経験が足りないことによって失敗したり、度胸が足りないことによって必要以上に考えすぎたような気がします。

コースがはじまる前は、MBAで何かを掴めるといいなという期待がありました。

確かに授業ではある程度納得のいくフレームワーク的な知識は習得できます。しかし、この分野の内容を本当に習得するためには、実務でのマネジメント経験とたくさんのケース分析(或いはビジネス雑誌を読む)が必要なようです。要するに一生ものの勉強ですね。

恐らく成功している経営者の多くはリーダーシップや組織論に関して独自の考えを自分の経験から構築していると思います。MBAでは考え方の基礎となる部分を提供するだけに留まりますが、この分野に関しては言えば机上では学べないのでしょうがないと思います。


ところで全然関係ないですが、これかわいいんですけど。
http://www.waraiseek.jp/flash/base/1130904794.php
わーい。
昨日(11月5日)Trinationsの覇者オールブラックスがイギリスにてSixnationsの覇者ウェールズと対戦した試合を観たんですけど、オールブラックス、ヤヴァイです。スポーツを見てこんなにカッコいいと思ったのは、カープの前田に惚れ込んだ以来です。

オールブラックスといえばカーワンとかいた時代(もう15年くらい前か?)に結構よく見てて、なんか強いけどつまらない試合をするチームだなあくらいに思っていたのですが、昨日改めて見て認識を改めました。

うーん、カッコいい。

試合のほうは41-3だったんですが、なんかよく判らないんですが、オールブラックスのアタックはことごとくゲインをきっていたのに対して、ウェールズのアタックはゲインラインの前で止められていた印象があります。FW戦はややオールブラックスが押していたように思いますが、そんなにSignificantな違いはなかったです。なんでこんなに差がついたんだろう。うーん、やっぱ、オールブラックスのディフェンスの出足の速さとタックルの激しさが勝っていたのと、目に見えにくい部分ですが、相手ボールのモール/ラックでガッツリ押し込んでいたのでしょう。これをやるとバックスは飛び出しやすいのです。

このチームは全員が走れて、全員が人に強くて、そんなに重くはないけど決して当たり負けしないという、まさにトータルラグビーの鏡のようなチームではないでしょうか。

というわけで、オールブラックスの公式サイトへGo!

あと、Hakaのビデオ

あと、これHaka VS Tongaの踊り。
http://video.google.com/videoplay?docid=8906295916954916944&q=Haka
コブラ対マングース、ゴジラ対キングギドラ、サッチー対浅香光代に匹敵する迫力です。
tetsuya06112005.jpg
ラーメンの器がないのでボールに入れてますが、てつや、おいしくいただきました。北海道なのに醤油豚骨とはこれいかに。結構オーソドックスで好きな味でしたが。

ところでラーメンを食べている時ってなんでこんなに幸せなのでしょうか?
美味しいから?
暖かいから?
私がおめでたい奴だから?

Who knows?
IMG_2653.jpg
今週はManagement Analysisのグループレポートの提出のため、金土日とグループで集まってミーティングをしました。

一緒にいてとても心地いいメンバーなので、一日中一緒にいても苦になりませんが、やっぱり連日の勉強会は疲れますね。。

Management Analysisのような数字を扱う課題では結構貢献できるので嬉しいです。やっぱり人の役に立つというのは一番の喜びです。

土日も結構な数の学生が学校に来てましたが、違うグループ同士でもみんなで解法を確認しあったりして情報交換をしている姿が印象的でした。そうなんです、CollaborativeはCambridge MBAのキーワードです。
ryoshin06112005.jpg
金曜日にZaki-Zakiさんを、土日に妻の両親をケンブリッジに迎えて、今週末は楽しかったです。

Zaki-Zakiさんとはまたも夜遅くまで話し込んでしまいました。日本人のお客さんが来るとどうしてもそうなってしまいますね。あ、お土産で貰ったスペインの生ハムは最高ですた。ありがとうございました。

ご両親はイギリスを満喫されたようで本当に良かったです。お土産もいっぱい頂きました。ありがとうございました。

グループワークの提出期限があったりして、いろいろと忙しい週末になりましたが、同時にとても充実した週末でした。
2005.11.04 | 留学 | 海外情報 | 生活/雑感
わいふがロンドンに行っているので、今一人です。一人なので結構飲み歩いてます。

なんか、よき友に恵まれて良かったと思います。

私は決して社交的なタイプではありませんが、人生を振り返ると友に恵まれたと思います。とても幸せでした。

私が幸せなのはきっと両親の教育が良かったからだと思います。

お母さん、ありがとう。
お父さん、ありがとう。

私が幸せなのは妻のお陰だと思います。

どうもありがとう。

私が幸せなのは友達のお陰だと思います。

本当にありがとう。

泥酔、泥酔、夢見るアンディさん。
ビジネスでは身だしなみが非常に大事だというのは私の信念です。お洒落が大事という意味ではなく、売り込みたい自分のイメージを意識して、それにあったスタイルをすることが肝要なのです。

大事なミーティングの日には、着ていくスーツ、ネクタイ、シャツ、髪型が相手にどういう印象を与えるか、よーく考える必要があります。相手が女性であれば、靴や時計にも気を使う必要があります。女性はそういうところまで見ますので。

落ち着いた印象に見せたければ寒色系、とかの色の研究から髪型やアクセサリーが与える印象の研究まで、スタイルの研究はビジネスマンにとって必須です。

服装以外では、以下のようなことも大事です。

-体を鍛える
ポジションによって異なりますが、マネージャー以上のポジションにおいては、ガリガリ厳禁、デブOK、ガッチリ◎です。

-ノートパソコン
意外な盲点ですが、打ち合わせにダッサイPC(プロっぽくないやつ)を持ち込むのはマイナスです。

-パワーポイントのテンプレ
ダサいテンプレ厳禁。プレゼン資料の重要項目は構成とデザインです。どちらも大事です。

あとは当たり前のことですが、爪を切る、髭を剃る、鼻毛を抜く(切る?)、歯を磨く、ワイシャツの袖が汚れていない、とか。いや、正気言うと私もたまにできてないことがありますけどね。。。

なんでこんな話を書いているかというと、今日のEnterprise TuesdayというイベントでゲストスピーカーがPersonal Brand Valuesについて講演したからです。ブランドイメージの認識とそれに合わせたプレゼンテーション(服装含む)が大事という内容でした。

ちなみにEnterprise TuesdayというのはEntrepreneurship関連のイベントで、毎週ゲストスピーカーを招いたり、ビジネスプランのコンペをしたりするものです。EntrepreneurshipとHigh-techは大学がもっとも力を入れている分野なので、内容は非常にアツイです。

講演の後に出されたビール(CobraというインドのブランドでCambridgeの卒業生が立ち上げた)を飲んでしまったので、今日はもう勉強する気が起きません。。
今日は、EAP(English for Academic purposes)という大学の語学研修機関のSupervisorとの面談がありました。夏の語学クラスから1ヵ月半が経ち、どれくらい英語力がUPしたかとか、勉強する上での悩みはないかとか、そういうことを話してきました。

MBAのコースが始まってから、毎日たくさん英語を読んで、たくさん英語を聞いて、たくさん英語を話していますが、はたしてそれによって英語力は上がったのでしょうか?

うーん、たぶん上がってないです

英語を使うのと英語を学習するのは違うようで、やっぱり語学クラスにいたころの方が上達幅が大きいような気がします。忙しい中で時間を見つけて英語学習に充てるのは至難ですが、せめてVocabularyだけでもUPしたいので辞書をこまめに引くようにしてます。英語力というのは少しづつしかUPしないものなので、気長にコツコツやるしかないですね。

ちなみにListening向上のためのお勧め番組を紹介してもらいました。
BBC1 Question Time 木曜 22:30
BBC2 Newsnight 毎日 22:30
Channel 4 News 毎日 19:00
面白いのかな。。
| Home | Next
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。