上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
5月12日(土)の卒業式に出席するために、約半年ぶりにCambridgeに行ってきます。MBAが終わってみて思ったのですが、Cambridgeでの一年は人生で最も充実した一年でした。この前ある人から「y-46さん、Cambridgeの話をするときは本当にうれしそうですね」と言われてハッとしましたが、本当に充実して素晴らしい一年だったので、振り返るとついうれしそうになるようです。

この半年くらい様々な本を読んでいろいろ考えましたが、もっと人生を素晴らしいモノにできる気がしてきました。Cambridgeでの一年のような年をずっと続けられれば。というわけで、とりあえず近いうちに環境を変えて新しいチャレンジをしようと思っています。

まずは卒業式を楽しんできます。

2泊4日の強行日程なのがちょっと辛いですが、帰ったらまた記事をアップしようかしら。

ちなみに式についてはこちらに詳しく載っているので参考にどうぞ。
公共政策大学院留学@英国古都ヨーク: 卒業式はもうすぐ
スポンサーサイト
2006.11.17 | 留学 | 海外情報 | MBA生活
単位が足りていたので既に卒業は確定していたのですが、先ごろ大学から正式に卒業の資格を得たというお知らせが来ました。ややこしい話、「正式に卒業する」には学位授与の式典に出るか郵送で貰うかしないといけないので、正確には今は「卒業をする資格を得た」という状態のようです。

Judgeからのレターに最終の成績が同封されていたのですが、総合Markは64.00でした。基本的には平均点が65になるように採点されているそうなので、残念ながら平均点よりほんの若干下ということになりますが、自分なりに頑張った結果なので満足しています。

MBAの卒業式は来年の5月なのですが、いけるといいなあ。。。

ではでは。
2006.08.28 | 留学 | 海外情報 | 生活/雑感
thelast27082006.jpg

バルセロナ時代も含めるともう2年以上も毎日のようにBlogを書いているのですが、日本に帰国するにあたってとりあえず筆をおくことにします。

もうしばらくBlogは書きません。日本語では。

というわけで、日本に帰ってからは英語のBlogをなるべく頻繁に更新しようと思っています。折角覚えた英語を忘れないようにするためにも。

明日の朝イギリスを経ちます。日本に行く途中コペンハーゲンで3泊ストップオーバーするのですが偶然にも同時期にコペンハーゲンを旅行する4人のクラスメートと水曜日に合流する予定です。楽しみです。

2006年入学の日本人MBAの皆さんのBlogへリンクを張っておきます。(サイドバーにも張っていますが)
crossroads
Feel Cambridge!
WHAT A WONDERFUL WORLD!

では、明日は4時起きなのでもう寝ます。長い間ご愛顧ありがとうございました。
memories27082006.jpg
この1年は本当にあっという間でした。Cambridgeで得た友人、学んだこと、国際的な環境の中で最後まで頑張れたことによる自信、荘厳な大学の雰囲気とのどかな田舎の空気、全てが素晴らしすぎてうまく言葉にできません。

物事を学ぶという過程において学ぶ内容以上に一緒に学ぶ仲間が大事だということに気付いた1年でもありました。

MBAって、Finance、Marketing、OBやStrategyなどの一つ一つの科目の集合体ではなく、世界のビジネスの共通言語を学ぶものだと思います。そういう意味ではCambridge MBAのインターナショナル比率90%という環境は本当に理想的でした。

また、1年間やってこれたのは妻のお陰です。クラスメートも顔を合わせれば「奥さんの料理はうまかった」ばっかりで「他に言うことはないのかよ」と突っ込みを入れたくなりますし、うちのおかんも電話をかけてくると「あんたじゃ話にならん」とばかりに妻に代われとうるさいのですが、まあそれだけ存在感が大きいということだと思います。留学中はいろいろとサポートしてもらったので私は100%勉強に集中することができました。帰国したら少し恩返しをしないといけません。

start27082006.jpg
MBAは終わりましたが、新しい生活がスタートします。7月の一時帰国以来進路について悩んでいましたが、最近少しづつ気持ちが固まってきた感じです。帰国第1週目に正式に決められるといいなあと思います。

ところでこのBlog、明日で最後にしようかと思います。長い間ありがとうございました。
2006.08.26 | 留学 | 海外情報 | MBA生活
去年コースがスタートする前には、エッセイ課題は毎回Proofreadingをしてもらってから提出しようと考えていましたが、結局一度もやっていませんでした。学期中は忙しくて課題を仕上げるのがどうしても提出期限ギリギリになってしまって、Proofreadingをお願いする時間がなかったのです。Proofreadingをお願いするには4日(4営業日)くらい前に課題を仕上げる必要があり、それは私には相当難しいことでした。

今回のIPは自分なりに思うところがあり、既に学校への提出は済ませたにも関わらずProofreadingを依頼することにしました。1ヶ月以上にわたって魂を込めて書いた作品なので、しっかりとした英語で仕上げたいし、自分の英語の勉強にもなると思ったからです。

というわけで、JMPさんから教えてもらったこのサイトに依頼しました。
http://www.proof-reading-service.com/

昨日発注したばかりなので質についてはなんとも判りませんが、メールの受け答えがかなり丁寧で、イギリスにはしては珍しくサービスが良いと思いました。

値段は「1 Word = 0.65 pence」。いくつかのサービスを比較して見ましたが、この値段が標準でした。

ちなみにケンブリッジでは、EAPを受講している人は学期中の短いエッセイなら無料で見てくれます。正式なメニューではなくあくまでも好意でやってくれる感じ(たぶん)なので、お願いするときは丁寧にしたほうが良さそうですが。
thelastpub25082006.jpg
一人一人と人が去っていく今日この頃ですが、私も遂に去っていく一人となりました。毎週木曜日の恒例行事であるPub Nightも私にとっては今回で最後です。

今日は遂にIP(いわゆる修士論文)を提出しました。提出後にレターを貰って、"...having completed the full credits, has satisfied all of the requirements of the programme and is awaiting the graduation ceremony which will take place in May 2007. There is nothing further he needs to do in order to be entiled to his degree."と書いてありました。

終わりましたね、遂に。本当にあっという間の一年でした。

おうちに帰るまでが遠足なので、このBlogはまだあと少し更新する予定です。
もし僕らのことばがウィスキーであったなら
村上 春樹
4101001510

旅行で一緒になった韓国人バックパッカーKimは、村上春樹のこの本を読んでふらっとIslayに来たそうです。日本人の私がiRiverのミュージックプレーヤーを首から提げて、韓国人のKimが村上春樹を読んでIslayに来るとはなんだか面白い気がしました。

iriver N12 2GB ブラック N12-2GB-BK
B000FZ55ZU

ウィスキーを飲みながらよくよくKimの話を聞いてみるともう少し話の続きがありました。Kimに本をプレゼントしたのは仲の良い女友達で、その本をプレゼントしてまもなく飛び降り自殺をしてこの世を去ったそうです。うつ病で心を病んでいたらしいですが、精神科医のKimの患者ではなかったようです。37歳独身の医者で煮え切らない性格のKimには「本当にただの女友達なのかい?」とは聞きにくかったし、話したければ自分から話すだろうと思ったので深くは聞きませんでした。そういうわけで思いついたようにIslayにふらっとやってきたKimは、用意周到に旅行の計画を練っていた我々にまるで当たり前のことのようにジョインしてきました。

さて、後編です。

... 続きを読む
islaycoast23082006.jpg
2泊5日という大変な日程ではありましたが、無事にIslayから戻ってきました。この島は本当に素晴らしくて、もしお金持ちになったら将来別荘を建てたいと思いました。いや本当はお金があったら別荘じゃなくて1ヶ月でも2ヶ月でもホテルに滞在したほうが便利なんですが、何かこの島と自分との繋がりを確保したい気分になったのです。

気候は厳しくて、夏でも肌寒く、一日に何回かは雨が降り、潮風が強くて肌に悪そうです。そういう気候だからこそ、暖かい人柄と美味しいウィスキーができるのだと思います。

というわけで、必ずもう一度この島に戻ってくると誓いながら帰りの飛行機に乗ったのでした。

... 続きを読む
いよいよIslayアイラ)に行ってきます。夜行バスとか乗るのめんどくさいし、プロペラ飛行機とか乗るの怖いですが、せっかくイギリスにいるのにIslayに行かないわけにはいきません。

ところで2005年に創業したばかりのKilchomanという蒸留所があるようです。最初のボトルは2011年に出るのですが、これは5年なので前座みたいなもので、本格的な10年が出るのは2016年のようです。

Kilchoman Distillery - Homepage

こういうのって今行くと10年後に最初のボトルを飲むときに感慨深いんでしょうね。見学は受け付けているみたいですが、ちょっと遠いのでどうしようか考えています。
ukdiaryさんに借りてオヤジのくせにNANAを読んでみました。お陰で旅行の前なのに寝不足です。内容的には途中から「この子誰の子」(杉浦幸)的展開になってからは少しついていけなくなりましたが、それでも一気に読んでしまうくらいなので面白かったのだと思います。ストーリーや奈々のキャラには不満はありますが、綿密な取材による写実的な描写は「良い仕事してるなあ」と思わずうなってしまうものがありますし、一見無茶苦茶な主人公の行動を心情描写と情景描写を綺麗にシンクロさせて説得力を持たせている点は「これって漫画版『春の雪』では?」と思うほどでした。

NANA (1)
矢沢 あい

NANA (1)
Nana (2) Nana (3) Nana (4) Nana (5) Nana (6)
| Home | Next
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。